「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

恵方巻 ななんと(南南東)、べっぴんさんの笑顔でほっこり

こんばんは!

2月3日、節分ですね~!笑

 

節分、といえば

恵方巻!!

 

縁起が良いのに、由来はないみたいです。

 

恵方巻(えほうまき)とは、節分恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる[1]巻寿司のこと。商都大阪発祥の風習と言われているが[2][3][4]、1980年代まで大阪市内でも知名度はほとんど無く、その起源の定説は未だ存在しない[5]

 

 

 

ちなみに、平成10年くらいから

セブン・イレブンが商戦で広げたのが、今広がっている由縁とのこと。

 

恵方巻」という名称は1989年、コンビニエンスストアセブン-イレブン広島市中区舟入店の野田靜眞氏が「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と聴いて仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり [13] [14]、2000年代以降に急速に広まった[15][16]。それ以前に「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない[16]

 

そんな恵方巻、食べてきましたーーー!笑

 

ちょっとした、ストーリになっていて、紹介させて下さい笑

就活のイベントが、16時~20時まで堂島(大阪駅から北へ15分)のところであって、

終えてから、駅に向かっていたんですね。

 

道中、いたんです。

めっちゃくちゃ 可愛いお姉さんが。

 

ぼく、持論なんですけど

全ての女の子は、可愛い。と思っています。

もし可愛くなく見えたなら、それは目の前にいる男の力量の無さです。

 

だから、女の子は大好きです。

道を通っていて 外見可愛いな~、あの女の子

とか、煩悩湧きまくります。

みなさんも、結構ありません?そーゆこと。

 

 

だけど、言わせて欲しい。

恵方巻を売っていた

道中の女の子(2人組)の可愛さは、

そんなレベルを

完っ全に凌駕していました。

 

 

なんっていうか、外見はもちろん

内面から 輝いていて。

 

 

思わず、「あっ、ここで買おう」て思っちゃいましたもん。

でも、会計が混んでいたので

残念だけど、諦めよう・・・と

 

そのまま、駅に向かいました。

とぼとぼ。とことこ。

 

途中、3件くらい 同じような恵方巻のお店。

初天神(大阪の商店街)は節分で、季節感攻めてんな~

よいな~、とか思いつつ

 

 

 

 

最初の女の子たちが もう、めっちゃくちゃ

可愛すぎて、頭から離れない。。。。

 

 

そして、歩くこと10分。

信号も2つ渡り、とうとう駅に着きました。

 

よっぽど、そのまま電車乗って帰ろうと

悩みました。はい。

 

 

 

 

 

だが、しかし、BUT!!!

 

あんなに内面から輝いている、

恵方巻売っている 女の子なんて

たぶん、もう会えない。

 

会えても、来年。(*節分は年に1回)

 

 

ダメだ、引き返さなきゃ!!!!

気付けば、足早に 信号二つを渡り、

てくてくてくてく。

 

 

 

目の前には、お姉さんたちがいました。

感涙。

 

 

果たして、どんな毎日を送っていたら

あんなに 内面から輝くアルバイトさんになるんだろう。

がんこさん、教えて欲しいです。

f:id:why-not-1017:20180203214534p:plain

お姉さんたちは、がんこの店員さんでした。)

 

そのまま、

一体何が起こったのかを、興奮気味に

一部始終、話しました。

 

「とにかく、お二人の笑顔が素敵で!!」

「駅から戻ってきちゃったんです!!!」

 

返してくれた笑顔が、

これまた・・・超素敵だった。

感涙。

 

そこで、今年の方角を聞き

南南東、とのこと。(ななんと!!←親父ギャグ

 

家に帰って食べる気分じゃなかったので、

ダメもとで聞いてみたら、なんと店内に入れてもらいました。

f:id:why-not-1017:20180203215243j:plain

(わざわざ、醤油用のお皿と抹茶まで出して頂きました。接客に感動。)

 

すかさず、

お姉さんとパシャリ パシャリ。

 

ちゃんと、む

f:id:why-not-1017:20180203215335j:plain

無言で食べきりました。(*恵方巻はしゃべっちゃダメらしい。地域によっては笑わなきゃだめみたい)

 

ちなみに、

恵方巻(まき)」は、

字のごとく、福を巻き込む 食べ物なんですって。

 

素敵やん。たしかに、お陰様で

駅から帰ってきたときのお姉さんたちの笑顔

福にまみれてました!!そういえば!笑

 

 

最後に、もう一人いた

べっぴんのお姉さんと、パシャリしてもらいました。

 

 

ああ、これまで23年間の人生で

一番、幸せな節分でした。

f:id:why-not-1017:20180203215650j:plain

ああ、ありがとう

がんこさん ああ、ありがとう

お姉さん!!!!

 

 

 

仕合せ。

ありがとうございます、神様・・!

 

 

 

PS

 

外国人の友達いて、大阪でお店困っていたら

 

がんこさん、超おススメです。

がんこさんなら、絶対素敵な おもてなし

してくれるはず!