「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、NO.1人材会社で事業部長インターンしたり、アイドルグループのプロデュースしてたりします。好きな言葉は「風林火山」

自分てなんなんだろう

自分てなんなんだろう、は

泥沼クエスチョンといいまして一度ハマってしまうと

抜け出せなくなってしまいがちな それはそれは恐ろしいクエスチョンなのです。

 

 

ええ、ゆってみれば 現代のアヘンとでもいいましょうか。

一種の麻薬のようなものです。 それか、無重力の宇宙で真っすぐ立とうとするかのような無謀な試みです。

 

 

ハマってはいけませぬ。絶対に。

f:id:why-not-1017:20171220112126p:plain

 

・・・だのに、就活生という人種は それを半ば強制的に取り組まねばならぬ様でして。。みな、自己分析シートやら人生グラフなるもので、自分を探すわけございます。

 

はぁ、わたくしもそんな就活生の一人。

見えない 掴めない 感じられない

自分というやつを、ここ1か月 追い求め、探し求め、訪ねて参りました。 

 

 

迷子かどうかも分からず、ただただ進んでいる様な、はたまた、後退しているような

はっきり白黒つけがたい日々。

 

Aさんには「人の気持ちが分からないんだね」と言われ

Bさんには「人の気持ちに繊細なんだね」と言われ。

 

ああ、これこそ泥沼。一体自分という輩はどこにいるのやら。

 

問い続けてきたわけでございます。

すると、あら不思議。 

 

どこまでも 遠くにあると思っていた自分は

存外、傍にいるかのような気がして参りました。

 

 

ずっと、傍にいたのだけれども

意識の外に在ったがために、すごく とても遠い場所にあるかのような

錯覚を抱いていた・・・(?)

 

 

 そんな、気がして

 ならないのです。

 

 

近くにいたのに無視してきた自分が、いたのかもしれない。

幼稚園児が遊び終えたパズルの残骸みたく、バラバラにホッタラカシニされてた自分が

いたのかもしれない。

 

 

そんな自分のピースを、断面図から繋ぎ合わせてゆくこと。

泥沼から抜け出す 唯一、戦略的な道筋・・・かもしれませぬ。

 

繋ぎ合わせたピースを備忘録かねて、お披露目させて頂きまする。決して、なにがしかの批評を求めているものではなく、ただただ こんなピースが見えてきた、ただそれだけでございます。(臆病な自分が防御を張っているだけです、お気になさらず。)

 

自分という存在は

繊細で 極細の筆ペンの毛先並みのタッチで

ヒトの機微を感じたり

はたまた、打たれ続けた故に、 高密度の杭になっているメンタルの強さを持っていて、

家族への期待故の苦しさを抱え続けてきた。心の底に残る しこりのような蟠り(わだかまり)を 色んな方法で、拭おうと試みてきた人間・・・なのかもしれませぬ。

 

そろそろ泥沼からは抜け出したいものです。

年内には、抜けて 来年からは 羽ばたいてゆきたい。

そう、わたくしは思っておりまする。

 

 

 

 

 

合わせて読みたい小説風ストーリー

スタバにて

why-not-1017.hatenablog.com