Taka Talks

クラファン挑戦中、歩く遊園地TAKAのブログ。 MAKERS UNIVERSITY3期生 

「日本ちゃんとした教」 と 未来

日本ちゃんとしよう教

 

一度は聞いたことがあると思う。

「ちゃんとしなさいっ!」という大人の声を。

 

彼らは、心の底から信じているのだ。

「ちゃんとしなければならない」と。

 

f:id:why-not-1017:20171123191832p:plain

 

しかし、今回、僕は大胆な未来を予測したい。 

まずは、こやつを信じている大人の方々から

AI,テクノロジーの進歩によって代替されていくんだろーな、と。

 

なぜなら、「正確に、正しく、誤差なく」はヒトよりも機械が得意だから。

ただ、代替された彼らは、まあ、いい。 定年で退職しても、まだ年金なんとか生きれる時代だし。

 

だが今回、強調したい未来はその弊害

 

というのも、若者は大人たちに よくも悪くも影響される。普遍的に。

大人が「正確に、正しく、誤差なく」テストを受けましょう。といえば、

中高生は、素直だから「そんなもんかぁ~!」とすんなり受け入れてしまう。

 

だけど、そんな若者たちが大人になる頃には

「正確に、正しく、誤差なく」を求められる仕事はAIがやっている。

 

と、すると

若い時期、一番色んなものを多感に吸収できる 10代を

まるで役に立たないスキルを得るために 無駄にしてしまっている。

 

(人生に無駄なんてない!という主張は大いに賛成だけど、 世界には他者が存在している。具体的にいうと、他の国が存在している。そこの若者たちが詰め込み教育じゃなく、北欧のように自由にのびのびし、英語を操り、プログラミングまで出来てしまったら、世界で日本の若者は厳しい。)

 

ああ、なんと 弊害の大きなことかしら。

出来ることあるのかな。