「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

『1つの物語(後編)』 (Makers8ヶ月を経て)

(後編)

 

 

<<<はみ出し過ぎて、

居場所がないなぁ、と感じている 10代20代に

Makersで過ごして感じた発見を。

 

 

きっと、普通に呼吸、できる

そんな場所が、世界にはある、という証明に替えて。>>>

 

 

続き⇨

初日でビビリと焦りから、オエーとなってから

 

f:id:why-not-1017:20181111222009j:plain

 

月日が流れると共に

 

 

f:id:why-not-1017:20181111222054j:plain

 

相当、素な感じに近く 

近く、なってゆきました。 

 

 

 

f:id:why-not-1017:20181111222122j:plain

 

パンツ

 

 

f:id:why-not-1017:20181111222135j:plain

 

夜の打ち上げへ

 

なにやら、みんな

楽しそう

 f:id:why-not-1017:20181111222246j:plain

 

そこで、気づきました。

ここは、キチガイ(はみ出し者)なのが

スタンダードな場所だ、と

 

 

f:id:why-not-1017:20181111222327j:plain

 

はみ出した奴らの空気は

SNS上にも、大学のサークルにも、

経営者の方々の、つまらない飲み会にも

 

ない味がしました。

 

そして、どこか

みんな、小学生見たく、幼い顔に戻っている気がしました。
(みんなの小学生の頃の顔、知らんけど)

 

 

f:id:why-not-1017:20181111222458j:plain

 

こんな空気から

次の世界の当たり前が、

次、次

 

と生まれて行くんだろうなぁ、、、

 

 

と、とぼとぼ歩きながら

ふと。

 

 

 

・・・あ、本題に最後に戻ると

 

 

はみ出し過ぎて、

居場所がないなぁ、と感じている 10代20代

(はみ出し過ぎているのは自分が悪いんだ、とかって考えちゃっている人も、もしかしたらいるかもしれないけど、そんなことは断じてない。見たことのない世界が見えるから、はみ出ちゃうだけだもの。見たことのない世界は、僕らの先にあるかもしれない)

 

 

 

 

あるよ、世界

あるよ、そっちがスタンダードな世界

 

 

 

 

 

飛び込んじゃえ、今のまんまで、そう!

 

 

(4期生応募フォーム👇)

makers-u.jp

 

 

 

 

これからも、続く

そして、これから増える全校生徒の挑戦に エールを込めて

 

2018年11月11日22時30分