「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

(詐欺)ZOZOTOWN前澤社長のお年玉企画で、悲しかった出来事と学び

 

Zozotown 前澤社長の「お年玉企画」をご存知でしょうか。

https://twitter.com/yousuck2020/status/1081544630754103296

 

f:id:why-not-1017:20190109205047p:plain

こちら

年初早々、ツイッター

大きな反響を呼んでいるみたい。

要約すると「100万円をRT&フォローで抽選100人あげるよ!」企画です

 

 

 

このツイートを1つのキッカケに、

一種の詐欺にあいました。時間を置いてみると、貴重な学びだったなぁ、、と思うのですが

 

 

自分が招いて、かつ

周りの人を巻き込む危険性がありました。

(FB、Lineをフォローして下さってる皆さま・・特にです)

 

僕みたいな出来事が起こってほしくないのでこの記事を書きます。一言で「メディアリテラシーを磨いて行きましょう」という記事です。

 

 

 

 

 

 

 

詳しい経緯、どう感じたか、学び

まとめて行きます!

 

 

 

どういった詐欺かというと、「釣り」でした。

https://twitter.com/ichitaso/status/1082507183063887872

 

発端は、こちらのツイート。

f:id:why-not-1017:20190109200111p:plain

こちら

 

 

要約すると、前澤さんから100万円もらったから50万円を1人1万円ずつ配るよ!というツイート。 

 

 

 

 

このツイートを見て、

僕はこう思った。

 

 

「わあ〜。なんって良心的な方がいらっしゃるんだろう!熱意をぶつけてみよう。」

 

 

それにそれに!

7000人もフォロワーいるし、ツイッターアカウントの運用も毎日しているから、

f:id:why-not-1017:20190109210200p:plain

アカウントトップ


きっと信用に値するだろうー!と

 

 

 

 

(全く気づけていませんでした・・・。

 

既にメディアリテラシーの低さを露呈していると・・・。

 

 

「自分もこんな風に思っちゃうかも・・!」と言う方は

マジで要注意です!) 

 

 

 

 

 

どうやったら想いが伝わるか

真剣に考え、メッセージを送リマした。

 

f:id:why-not-1017:20190109200525p:plain

(熱意を僕なりに込めた)

 

 

熱意を打つけ。

 

 

この時、どう思っていたか。

「ほんまに当たったら、嬉いな!」

「必要な設備、揃えられるんが、こういう人の善意で成し遂げられるんて、すごい嬉いし」「ゲストハウスのメンバー、みんなで、ちょっと豪華なお鍋でも食べてお祝いしたいな!」(それに、なんか当たる気もするねん!という謎の自信)

 

 

 

すぐ返信が。驚いた。

f:id:why-not-1017:20190109200906p:plain

素直に嬉しかった

 

 

「ぜひチャレンジしてみてください!」という返信。

応援してくれているのが、まず嬉しかったし、心の中で

「(もしかして)当選に近づいたんじゃない!?」と

期待が大きく膨らんだ。 

 

 

 

 

 

ふと思う。

「この人、どんな人なんやろ?」と。

なんでもらった50万円もあげるんやろ?素敵やけど、、

 

ちょこっと、ツイートを遡って見た。

 

すると、

f:id:why-not-1017:20190109201210p:plain

どんなこと書いてるんやろ?と気になった

 

 

 

 このブログ、

何やら関係がありそうだ!

URLを開いてみた。

 

 

 

ichitaso.com

 

 

 

 

 

何やら、それっぽいブログのトップが出て来て

 

f:id:why-not-1017:20190109201358p:plain

こんな感じ

 

「おっ、なんか、それっぽい!」

この時点では、こちらの主さんに対して(会ったこともないけど)

とても親近感。

 

 

 

 

 

なぜなら、こちらの主さんは、

もらった100万円の半分を分ける与える程、とっても良心的な方で

かつ、熱意を込めて打つけたツイートに応えてくれる素敵な方だ・・・!と思っていたから。

 

 

f:id:why-not-1017:20190109201846p:plain

だって、このツイート


(素敵な大人も、沢山いるんだな、と)

しかし、この親近感は

跡形もなくなる。やがて

 

 

 

 

 

 

徐々に疑問が大きくなり、最後にトドメの1撃!といった感じだった。

まず、「んっ?」と思ったのがスクロールしてすぐのタイトル。

 

 

 

f:id:why-not-1017:20190109202511p:plain

あれ・・?なんか、ディスってる・・?

 

 

「あ、あれ?」

「違反しないか?」て、間違っているてこと?

もしかして、ディスってる?

でも、こちらの主さん、ご自身でも50万円配ろうとされているし

 

 

 

ああ、そうか!

きっと高校生の時に習った「反語だ!」

 

 

 

 

 

f:id:why-not-1017:20190109210732p:plain

妄想図

 

 

 

「焉んぞ、〜〜〜か、いな、●●!」みたいな。

きっと、違反していない!!と堂々と証明するための伏線だろう!と。

 

しかし、、、読み進めてゆくと、、、

 

f:id:why-not-1017:20190109202911p:plain

どーん

 

タイトル:[なぜ ダメなのか?]

 

 

 

f:id:why-not-1017:20190109202941p:plain

どどーん

 

タイトル:{何がいけないのか?}

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?えっ?あれれ?

なんか、徹底的にディスっていらっしゃる気が・・・

 

 

 

 

 

 

 

そして、場面は一番想像したくないシーンへ・・・、、、

 

 

 

 

f:id:why-not-1017:20190109203155p:plain

えっ・・・・

 

 

 

 

100万円そもそも当たっていません。という暴露。

(つまり、釣られたんです、と)

 

 

 

 

 

 

 

 

え・・・・・?

 

 

 

 

 

良心的そうなツイートをしていたのは、

前澤さんをディスるための記事を読んで欲しいがための「釣り」・・・・? 

 

 

 

 

 

 

 

(勝手に)期待していたのもあり、かつ、

良心的でいい人ダナー、と思っていたので

なんだか、気持ちを踏みにじられたように感じました。とても悲しかったです。

 

 

(ちなみに、現時点で960RTを越していて

悲しい思いをするかもしれない人は、増加中・・!メディアリテラシー、大切)

 

 

 

 

ちょっと、ショックでした。

 

 

 

 

 

 

この状況を周りの友人、家族に話しながら、

気づいた学びを分かち合うため、

この記事を書いました。

 

 

 

 

ここからが本番です。

 

 

 

結論

一言で言うと

 

メディアリテラシーを磨く」です。

 

 

具体的には

「(僕らには)お金や社会的なステータス、フォロワー数といった外からの情報を(無意識に)「正しい」と思う傾向がある」

「その傾向をよくよく知った上で、情報は取捨選択し、シェアする時には周りの人を悲しませたりしないか慎重にしてゆく」

 

 

 

 

という学びです。

 

f:id:why-not-1017:20190109203811p:plain

「お金に踊らされるな」と指摘して下さった方に

 

 

同時に、僕は

こちらの主さんをとても良心的な方だと思い、

手広く拡散してしまっていた。んですよね。

(FBやLINE,SLack 所属しているグループに、意気揚々と!とってもいい情報があるよ!と)(関係者の皆さま、ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。)

 

 

情けなく思う。

そして、ごめんなさい。

 

 

SNSは簡単に情報が広まりやすく、広げやすいからこそ、間違った情報、誤解も同様。なんですね、ほんっとに

 

 

僕のような思慮に欠ける

軽はずみな行動、皆さんは十分に気をつけてください。反面教師にしていただければ幸いです。一人一人、ご自身のメディアリテラシーを磨いてください、ということです・・・。

 

そして、ご迷惑をおかけした皆さま

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

(でも、だからと言って前澤さんが悪いとは一切思いません。自分のお金をこれだけ周りに還元出来るのって、正直僕はすごいと思います。あと、こちらのツイートの主さんが悪いとも思いません。記事を読んでいただければ分かるのですが、主さんには主さんなりの意図があり発信した内容ですし、その意図は尊重したいと考えています。要は、メディアリテラシーの問題なのです)

 

ああ、よかったら

こちらの記事が主さんです。

 

気になる方、いらっしゃればどうぞ

ichitaso.com

 

 

ではでは、

皆さんは僕みたいなバカなことはしないでくださいね。何度目かわかりませんが、

メディアリテラシーを磨いていきましょう、僕もです

 

お・わ・り