「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

感想*深町レミのアート個展/ART is?

G1,Makers同期の深町レミのアート展に行って来た。

 

深町レミについては、こちら。

https://www.instagram.com/bisco03zd/?hl=ja

 

f:id:why-not-1017:20180720145812p:plain

 

 

 

友達の一人。

目に見えないものを捉えようと

自分の中のフィルターに 妥協することなく、腰を据えて

向き合うアーティスト。

 

 

彼女の個展に行って来た。

嘘がなくて、純度がスンスンとしていた。(純度が高かった)

半透明な世界に投げかけられた答えのない問いかけ。「僕らの幸せ」って、本当に幸せなのだろうか?という問い。

 

いくら、自分の中にないものを外に求めても

そこに充足はないのではないか?という問い。

 

10〜30代若者の死因NO.1「自殺」の

日本という箱に生きる僕にとって

この問いかけは、面白い。大抵のものはAmazonで手に入るし、ちょっとSNSをすればいろんな人と繋がれた気がする。だけど、そこに 安息を呼び起こす幸せはあるのだろうか?

 

 

 -----..--------..-------..-----------..----------..-----------

 

 

 

アートとは?というテーマの個展。

こんな一節があった。

「アートは、作り手の見た世界を 作品を通して見ることだ」と。

(前置きに、いろんな考え方があり、正解などないが・・・とある。答えはない。)

 

 

この個展には

確かに、「彼女の世界」が在る。 

 

 

手書きのスンスンとした文字(感情が伝わってくる文字)

まるで景色が聞こえてくるかのような写真

そして、没我入魂された作品(真剣に向き合って作られた作品)

 

 

ぜひ、作品たちを通して

その世界観を垣間見て欲しい。

 

 

詳細はInstaより

www.instagram.com

 

(ちなみに、作品数絞っているようで30分あれば時間的には十分に見れます!目黒付近よった際に、ぜひ!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

Makersとは?

why-not-1017.hatenablog.com

 

 

 

個人的に一番好きな写真。Macのトップ画なう

f:id:why-not-1017:20180720150102p:plain