「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、NO.1人材会社で事業部長インターンしたり、アイドルグループのプロデュースしてたりします。好きな言葉は「風林火山」

100記事目!!!

とうとう!

100記事になりました!

 

Image result for ï¼ï¼ï¼è¨äºç®

 

 

99記事見返したうえで、気付いたことがあります。

なんだか、生き様の轍のようだなぁ・・と感じています。

 

今回は、その気付きを分かち合えれば・・嬉しいです!

 

 

 

本編に入る前に!

 

ここまで、続けてこれたのは

いつも支えてくれている家族、仲間、諸先輩方のお陰です。

改めて、ありがとうございます。

 

ますます、

気付きや、命の燈火を点せる

そんな記事を目指してゆきます。

 

今後とも、よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

では、

99記事に見た、生き様を分かち合って参ります。

 

全3パートです。 

 

 

 

 

 

 

パート1:キッカケ→アイデアの宝箱の巻き

ブログを始めたのは2017年6月、ちょうど1年前。

アメリカ留学しているタイミングでした。

 

 

 

 

キッカケは、

泉のように湧き出るアイデアや奇想天外な発想

アウトプットする場、として始めました。

 

why-not-1017.hatenablog.com

ちょうど、1年前の記事。

断る怖さに向き合う中、記事を綴りました。

 

 

海外にいると、

普段日本語ほぼ使わないです。

でも、感性って母国語に紐づくものだと思うんですよね。

 

 

だから、日本語での発信は

なんだか、隠れていた 宝箱の封を 恐る恐る

紐解いてゆく・・そんな感覚でした。

 

「こんなのも・・見つけたよ?」

「見てみて・・!こんな考えもあったよ?」

 

 

why-not-1017.hatenablog.com

こんなのもやってたなぁ。お母さんのことバカにしちゃってる。

ちょっと胸がいたいなぁ。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

パート2:内面をさらけ出すの巻

 

それから、徐々に趣向が変わってゆきました。

普段なら胸の奥に、ぎゅぅっと閉まう 気持ちを

表現する場へと。

 

 

why-not-1017.hatenablog.com

10年間、一緒にいた友達が 還らぬ存在になって。悲しかったなぁ

 

why-not-1017.hatenablog.com

きっと、誰かに 聞いてほしかったんだと思う。寂しかったんだろうなぁ。一人で

 

 

 

 

内面をポロポロ出す過程で、行き場のなかった

ボロボロな気持ちたちが、随分と解放されて 心が軽くなりました。

 

 

ブログという表舞台の光を浴び、

ドロドロした魔物のような

醜いかのような、でも、大切だった気持ち達は、

いつの間にか、ルンルン!と鼻歌でも謡う可愛らしい妖精へと

変わってゆきました。

 

 

 

Image result for ãã«ã»ã«ã¯ãé­ç©

醜くも、愛しき魔物かのような気持ちたち

 

     ↓↓↓

 

Image result for éææã

 

透明感があって、純度の高い大切な なにか

 

 

 

 

why-not-1017.hatenablog.com

読み返すと、向き合ったはいいが まとまってなさすぎて、、、(笑)。 なんだか、ちょっと恥ずかしい。。

 

 

 

 

 

 

パート3:自分も面白く、誰かもいる・・!の巻

 

そして、最後。

 

最近は、より誰かをも、想起しつつ

綴るようになりました。

 

 

自分が好きなことだとか、興味があること、

気付き

憤り、面白さを

誰かをも、想起しつつ綴るようになりました。

 

why-not-1017.hatenablog.com

 ブログ検索で何故か、トップ。いまだに、GOOGLE検索で上位に出てきてるようです。

 

 

 

 

なんというか、イデアを出すとか

気持ちをさらけ出すだとかって

全部、自分だけで完結していた

物語だったんですよね。

 

 

だけれども

人とのデアイで、様々、様々な気付きがあり

変わりました。

 

他の誰かをも想起しつつ

綴るよう、徐々、変化してゆきました。

 

 

why-not-1017.hatenablog.com

読み手がいるんだろうなぁ、という視点が 上手く取り入れられている気がします。想定は、これからオーディション受けたいかも!て人でした。後編は気が向いたら・・!

 

 

 

うん。


この様は、なんだか

ここ1年、生き様の轍

そのものかのよう・・!なのです。

 

 

 

元々、僕は自己完結人間でした。

 

誰かに頼るだとか

誰かを信じるとか、誰かに任せるだとか

そーゆ人を信じる系のアクション

一切できなくって。

 

だって、

裏切られたり、失敗しちゃうのが、

恐ろしくて、怖かったから。

 

 

 

 

f:id:why-not-1017:20180607211619p:plain

 

こんな感じの世界観でした。誰かを信じたり、助けたりしても

どうせ、最後は・・・。

 

 

もともと、いじめられていたのもあって、

やっぱし、自分は独りで 

孤独で。寂しくって苦しくて。

 

どこにも行き場なんてなくって、どうせ死んだって 誰も気にや留めもしない 

歯車でさえない、無力で卑小な存在なんだ。・・・、そう感じていました。

 

 

 

ぶっちゃけ、今でも そう感じている部分は どうやら

ゼロじゃあ、ないようです。

 

 

だけれども・・・!

同時に、

目に見えない個性や、

優しさ、想いを

大切にして、大切にされる

その喜び、幸せも今は知っています。

 

 

 

それは、沢山の方のお陰なのです

 

NYで10ドルしかない苦学生

宿を貸してくれた初対面の夫婦であったり、

お忙しい中、ご自身の時間を割いてまで

プレゼンの準備を手伝って下さる先輩で合ったり、

 

他、一人一人 大切な人たちのお陰なのです

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、心が荒んでしまうと、見えなくなっちゃうのですが、

その喜びや、幸せは

一人じゃ ミジンコみたいにチッポケなのです。

 

仲間や家族、”誰か”と分かち合うことで

初めて、抱えきれない程大きくなるのです。

 

 

 

 

 

まとめます。

 

人は 人じゃないと

喜ばせれず。

 

 

人は 人によって

幸せとなる。

 

 

だから、最初と最後は

人 なんです。

 

間に、AIやビッグデータ

あらゆるテクノロジーが入ろうと

最初と最後は 

 

僕ら、人なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

各々の工夫で 周りの人を大切にしてゆければ

それが、きっとこさ、よい日本を 創りうる

その影響が、よいアジア、よい世界を創りうる

 

そう、青臭くも 思えてならないのです。僕は

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今後とも

ますます、誰からの

心に灯を点せたり、気付きを届けれる

記事を目指してまいります。

 

最後まで、読んで下さり

ありがとうございます。

 

歩く遊園地 TAKA

 

 

 

 

 

2年前のTAKA

why-not-1017.hatenablog.com

 

 

 

why-not-1017.hatenablog.com