「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

Makers University レベル

Makersメンバーと

事業計画していると、

日々、惨めさを感じる。

 

 

相対的実力が低く

相手の一つの一つの言動が、同い年かよ此奴( ^ω^)

と、アングリする。(数字いれると、一緒にやるメンバーは同い年で3000万円融資受けてたりするメンバー。うう・・・強し)

 

  

全部、肚にズッシンとくる。

「え?コミット低めなの?」

 

 

 

 

 

 

 

冷や汗を感じる。

意欲ではなく、成果を見る。

 

 

そんな場所が

Makers Universityだと、僕は感じている。

 

正直、怖さもあるが

それ以上に、こんな場所をずっと

求めていた。探していた。

 

開花してやる。悔しい。

 

Image result for 惨め 弱い 雑魚

 

 

 

 

 

 

・・・と、30分くらい

落ち込んでいたのだが、

もう止める。(シャワー浴びてきた。)

 

 

事業に特化して、数年間やってきた奴らに

いきなり勝てる道理がそもそもない。

 

逆に、あんな奴らが同世代にいて

世界は明るいよ。いや、マジで。負け惜しみとかじゃなくて、普通に明るい。

 

 

そして、そんな化け物の長所と

自分がこれまでしてこなかった事業企画能力比べても

しゃーなくね?

 

 

つーか、事業能力が高い方が審査通るなら

そもそも、300名中から60人の段階で落とされていたはずだろうww

と、開き直りました。

 

逆にそんな中でも、自分の強みだなーて

再認識できるもの、なんだろ?って視点で進みます。

 

 

 

Makers University 初日→

why-not-1017.hatenablog.com