「歩く遊園地」 ススむ、ススも

「歩く遊園地」TAKA ”泊まる遊園地”の運営や、外国人向け人材会社で社長右腕インターンしたり、年間300名の地方学生が集まるシェアハウス運用してたり

Makers University 感想 合宿初日

 

Makers University、初日が終わった。

どんな一日だったのか、まとめる。

 

 

気になる方、案外多いのかもしれない。

ここ最近のブログトップは、ずっとこの記事。

 

ちなみにだけど、リクルートの合宿にも参加してます。

起業とかに興味ある学生は、一度は考えたことあるのでは?

参考程度に、こんな人が参加していましたよ↓↓↓

why-not-1017.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

まずは、朝。

開校、15分前に着いた。ちょっと、ドタバタしちゃった。

 

結構、みんなギリギリに着いてる。(若干遅れてる?笑)

スゴイ人ばっかかもだけど、案外 そこらへんは 同じ人なんだな・・。

 

 

 

入口には”Makers University”のマーク。

「始まるんだ・・!」と 唾を飲み込んだ。

f:id:why-not-1017:20180206213804j:plain

(G1で仲良くなったレミと。彼女のtwitterは此方

深町レミ (@fukamachiremi) | Twitter #ドローン #現代アート #アボリジニ族)

 

 

1時間に及ぶ1:1自己紹介の後、ランチタイム。

お互いに他己紹介し合って、午後のプログラムへ。

 

60名の3期生が 

用意してきた90秒プレゼンを全員の前で発表した。

 

 

エゲツナイ方(特にテック系)

何人かいて

なんだか、焦りを感じたルクセンブルクで起業?2億~10億のIPO?30万PVのメディア? ( ^ω^)足元にも及ばんや。。。まじかよ・・・。

 

 

 

自分にないものを持っている。

しかも、圧倒的に。

 

 

自分がプレゼンをしているときや、

プレゼン後の交流会では

自分のコアな想いを話せて イキイキできた。ワクワクした。

 

その分、圧倒的な差の前に

焦りが ざわざわ 心を かき乱した

 

 

気付けば、弱い自分。

社会的な評価が、欲しい。

 

ないと、自分には 価値がない様な気がして

f:id:why-not-1017:20180206215402p:plain

 

 

 

 

 

 

 

こんな気持ちのまま

やるの、しんどいだろうな。きっと。

だけど、仕方ない・・・のかな。

 

 

 

 

 

 

 

最後のプログラム。

「チェックアウト」をした。

 

自分の内面をジャッジメントせず、

仲間と共有する時間。

 

 

 

でも・・・。

 

 

 

シェアするの、正直

ちょっと怖かった。

あんな焦りの気持ち、シェアするの怖かった。

 

会って初日だったし、 自分だけかもしれない。

それに、凄くカッコ悪い。

 

 

 

 

 

 

(こわい・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

けど 、踏み出そうと 決めた。

だって、もう一般道は歩まない 

そう 、決めていたから。

 

 

意を決めて

綴るように ポロポロと話し始めた。

  

 

そしたら、真剣に聞いてくれた。

気付けば、全部話せていた。カッコ悪い自分。

 

 

受け止めて、一つ力を込めて

返してくれた。

 

 

 

嬉しかった。

ちょっと、安心した。

 

 出来ることなら何でも この仲間に

ゆってゆきたい。ゆって活きたい。

 

(凄く意外だったのは

社会的な価値、みんな欲しがってたこと。

一緒なんだなー、と驚いた。)

 

 

 

 ちょっと、脱線する。

 

正直、自分は

Makersの資格ないんじゃないか? と首を傾げてしまう程

1月はフシダラな生活をしてしまっていた。

 

漫画ばっかし読んじゃって、事業が進んでなかった。

どうしようもない 愚図だった。

Image result for 不安

(「お前なんか、ダメな奴だ」 そう囁く影。)

 

 

 

 

だけど、

・・・一度は止まりかけた足だったけど

やっぱし、自分の生きる意味は ココにあるんだ。

 

 

1:1自己紹介や、90秒プレゼン

チェックアウト通して

 

 

改めて気付けた。

真剣な仲間のお陰。

Makers、最高の予感。

 

 

ここで、

この場所で、

僕らは やり抜くんだ!

 

f:id:why-not-1017:20180206222322j:plain

 (チェックアウト後、全体写真) 

 

 

PS

 

記事が少しでも4期・5期生以降のため

何かを踏み出そうとしているけど、弱い自分がいる人の為に

参考になれば嬉しい。

 

 

「微力だが、無力ではない」

そう、トビタテ5期生のツナ君がプレゼンで発表していた。

 

 

 

 

無力じゃないや、

微力だや。

 

 

 

Makers 生へ感じた圧倒的なレベル差→

why-not-1017.hatenablog.com

 

 

Makers合格した時編→

why-not-1017.hatenablog.com